user1の記事一覧

並べ替え
部下が上司を見限るとき~二つのNGワード~

部下が上司を見限るとき~二つのNGワード~

上司が部下に言ってはいけないNGワードが二つあります。これを言われた部下は、心の中でその上司を見限ります。 一つ目は「忙しい」です。上司は本当に忙しいから「忙しい」と言うのでしょうが、伝え方に気をつけないと損をします。日頃、部下の信頼を得るように努力していたとしても、不用意な言葉一つで、部下から見限られてしまいます。 ...
部下が上司を見限るとき ~ネガティブ・ハロー効果~

部下が上司を見限るとき ~ネガティブ・ハロー効果~

上司は、部下に対して認知バイアス(偏り)をかけがちです。例えば、何か失敗をしたときに「この人はダメだ」「使えない」と思い込んでしまうことがあります。そうなると、その部下がいい仕事をしたとしても正当に評価してもらえなくなります。これを「ネガティブ・ハロー効果」といいます。対象者のどこかにネガティブな印象をもつと、他の部分...
プロセスを聞く

プロセスを聞く

社員さんに、どんな仕事をしているのか尋ねると、「いろんなことをやっています」とか「これやっています」「あれやっています」などと元気よく返答してくれます。 しかし、「どうしてそれをやっているの?」と尋ねると、「誰々さんに言われたから」「○○旅館もやっているから」などと、急に声が弱々しくなります。一番困る返答は、「前からや...
困った会議

困った会議

会議では、よく、困ったことが起こります。一つは、会議が振り出しに戻ってしまい、少しも決まらないことです。 誰が考えても「それはやっとかんといかんね」ということは問題なく決まりますが、「これやらないよりはやった方がいいね」「これは将来的にやっとかんといかんね」という案件は、往々にして意見がまとまりません。 原因は、議論を...
代替案

代替案

会議を妨げる困った人には、意思決定を妨げる「意思決定キラー」のほかに、やたらと反対意見を言う「進行キラー」がいます。これからしようとしている施策はもちろん、現在行っている施策についても、なんだかんだと横やりを入れてきます。この「進行キラー」がいると、横やりを入れられた都度、会議の進行は止まってしまいます。 この「進行キ...
ギア・チェンジ

ギア・チェンジ

私が三翠園の社長に就任した当初、人事部は機能不全といってもいい状態に陥っていました。会社の主な経営資源には、「ヒト、モノ、カネ、情報」がありますが、人事部はその中でも最も重要な「ヒト」に関する業務を担っている戦略的部門です。 本来、人事部の職務には、採用、配置、育成、評価、ウエルビーイング推進などがありますが、どれも満...
事実前提か価値前提か

事実前提か価値前提か

三翠園は、金融機関さんから大変なご支援をいただいている会社です。金融機関さんに安心していただける数字を出していかなければいけません。実際、金融機関さんからは、数字に基づいた事業計画の検証がなされています。 実をいうと、私はこの数字に落とし込んだ計画づくりが大変苦手です。前職では無借金経営ということもあって、数字化した売...
直談判できない人たちの声を聴く

直談判できない人たちの声を聴く

先日、「三翠園さくらのまるしぇ」が無事終了しました。少しバタバタしていて、来場者数などの数字はまだつかめていませんが、内容は非常に充実できたように思います。 しかし、「もっと人数を集められたのではないか」「人を集めるために自分が本気で取り組んだのか」と猛省しています。開催まで、かなり期間があったにもかかわらず、チラシを...
第2回「 三翠園さくらのまるしぇ」開催!

第2回「 三翠園さくらのまるしぇ」開催!

来たる2月4日、第2回「三翠園さくらのまるしぇ」を開催します。私が着任する前から「まるしぇ」の企画はあったようですが、なぜか経営から許可が下りませんでした。これは三翠園のよくない点なのですが、ダメならダメでその理由を企画立案者にきちんと説明すべきだと思います。理由も言わずに却下されたら、社員さんのやる気がなくなります。...
伝説のカクテル降臨

伝説のカクテル降臨

お待たせいたしました! まもなく三翠園のオリジナルカクテルのご提供を開始いたします。このカクテルは、高知県出身のバーテンダーの高橋直美さんにお願いして、三翠園のために創作していただいたオリジナルカクテルです。高橋さんは、第39回「全国バーテンダー技能競技大会」で総合優勝、チェコ・プラハで開催された「I.B.A.ワールド...